2010年01月19日

09年度上半期の医療費は11.3兆円―国保中央会(医療介護CBニュース)

 国民健康保険中央会(国保中央会)は1月13日、2009年度上半期に国保連合会でレセプトを審査し、確定した医療費の総額は、08年度同期より4.6%増の11兆3442億円とする速報値を発表した。国民健康保険(国保)分が3.0%増の5兆4357億円、後期高齢者医療分が6.1%増の5兆9085億円だった。

【2009年度上半期の診療種類別医療費詳細】


 医療費を診療種類別に見ると、国保では入院1兆9295億円(08年度同期比2.1%増、以下同)、入院外2兆294億円(2.9%増)、歯科4332億円(1.6%減)、調剤9121億円(8.0%増)など。一方、後期高齢者医療では入院2兆7469億円(5.5%増)、入院外1兆8385億円(5.0%増)、歯科1833億円(5.5%増)、調剤9310億円(11.1%増)などだった。

 被保険者一人当たりの医療費は、国保が13万6931円(3.4%増)、後期高齢者医療が43万6049円(2.8%増)。後期高齢者医療の一人当たり医療費を都道府県別に見ると、最高は福岡の55万2417円、最低は新潟の36万804円で、1.53倍の地域差があった。
 被保険者数の月平均は、国保が0.4%減の3970万人、後期高齢者医療が3.2%増の1355万人だった。

■介護費は3.7兆円
 一方、09年度上半期の介護費の総額は3兆7583億円(6.9%増)だった。内訳は、居宅サービス1兆8002億円(8.8%増)、地域密着型介護サービス3160億円(12.5%増)、施設サービス1兆6422億円(3.9%増)。
 受給者一人当たりの介護費の月額は、全体では16万1332円で、居宅サービスが10万6583円、地域密着型介護サービスが22万3084円、施設サービスが32万9153円。月平均受給者数は全体では4.1%増の388万2589人で、居宅サービスが4.5%増の281万5022人、地域密着型介護サービスが11.4%増の23万6063人、施設サービスが0.8%増の83万1505人だった。


【関連記事】
後期高齢者、昨年度の医療費は約11.3兆円
07年度の介護保険給付費、5%増の6兆1600億円
国保医療費、広島と沖縄で1.6倍の差
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ
後期高齢者想定の診療報酬、廃止含む見直しへ

<普天間移設>複数案に否定見解 駐日米公使(毎日新聞)
支援決定日めぐり首相と協議=15日夕に確定へ-前原国交相(時事通信)
<石川議員逮捕>鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
虚偽記載容疑 大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
小沢氏が潔白説明…「私も信じる」鳩山首相(読売新聞)
posted by こたろう at 21:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。