2010年01月21日

<岡田外相>イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる(毎日新聞)

 岡田克也外相は14日夜、イランの核開発問題を巡り米仏を中心に追加制裁論議が強まっていることについて「イランが核を持つことになれば、核拡散の流れが止まらなくなる。国際社会が制裁を科すことになれば、日本もちゅうちょしない」と述べ、国連安保理で追加制裁決議案がまとまれば同調する姿勢を示した。ウェスターウェレ独副首相兼外相との会談後の共同記者会見で語った。

 これに先立ち、鳩山由紀夫首相はウェスターウェレ副首相と首相官邸で会談。アフガニスタン復興支援や地球温暖化対策の包括的な法的文書採択に向け日独が連携していくことを確認した。【中澤雄大】

【関連ニュース】
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米外相会談:ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ
普天間移設:岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議

<悪天候>強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言-法相懇談会(時事通信)
「逮捕なら議員辞職」民主党幹部が石川氏出頭でコメント(産経新聞)
手仕事などに光、雑誌「銀花」2月で休刊(読売新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
posted by こたろう at 13:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。