2010年05月27日

「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、日米両政府は22日、(1)米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)周辺に代替滑走路を建設する(2)ヘリコプター部隊の訓練の県外移転を検討する-ことで大筋合意した。具体的な滑走路の建設場所・工法は、11月のオバマ米大統領の来日や沖縄県知事選を念頭に秋ごろまでに最終決定するとした。28日に日米両政府の共同文書として発表する。

 ただ、今回の大筋合意の内容は、自公政権時代に策定されたシュワブ沿岸部にV字型滑走路2本を建設する現行計画の微修正という色彩が濃い。「県外・国外移設」を求めてきた沖縄県や連立与党・社民党は反発しており、調整作業の難航は必至だ。

 岡田克也外相は22日、共同文書のとりまとめに向け、外務省でルース駐日米大使と詰めの協議を行い、大筋合意に達した。米側は現行計画に基づく環境影響評価(アセスメント)の範囲内での修正を要求。日本側は基地機能の一部を鹿児島県・徳之島などに分散移転することなどを求めた。

 調整の結果、米側が難色を示している訓練の分散移転の候補地の明記を見送ることで合意。代替滑走路建設に関しても、環境アセスメントの手続きを遅らせないことで一致した。政府は今後、ヘドロの再利用など、環境に配慮した工法を検討していく方針だ。建設された新滑走路は自衛隊との共同使用を検討する。

 政府は、今回の日米の大筋合意を元にした「首相発言」を28日に発表し、鳩山由紀夫首相が公約した「5月末決着」の体裁を保ちたい考えだ。

 鳩山首相は23日に沖縄県を再訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事らと会談する。この際、今回の日米協議の結果を伝え、沖縄県側の理解を求める意向だ。

 鳩山首相は22日、札幌市内で開かれた民主党北海道連パーティーに首相公邸からテレビ中継を通じてあいさつし、「沖縄の負担を和らげるために頑張ってきたつもりだが、しばらくの間、負担をお願いせざるをえない状況だ」と述べた。

 これに対し、仲井真知事は21日の記者会見で、現行計画を軸とする移設案について、「とても駄目だ」と強調し、鳩山首相との会談でも、県内移設には応じられないとの考えを伝える意向を示している。

                   ◇

 ■日米合意のポイント

 一、代替滑走路を沖縄県名護市辺野古周辺に建設

 一、具体的な建設地や工法は秋ごろまでに決定

 一、新滑走路は自衛隊との共同使用を検討

 一、普天間のヘリ部隊の一部訓練について沖縄県外への移転を検討(具体的な移転先の明記は見送り)

 一、現行計画の環境影響評価(アセスメント)の手続きを遅らせない

18日に打ち上げ=金星探査機、H2Aで―種子島(時事通信)
<岡本倶楽部>出資者の弁護人、破産手続きの開始を申し立て(毎日新聞)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 (産経新聞)
警視庁、元朝青龍を聴取…「手あたったかも」(読売新聞)
posted by こたろう at 10:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)

 東京都や大阪市などの地方自治体が水道事業の海外展開を検討していることについて総務省は「国際貢献にもつながり収入源にもなる。現行法のままでも問題はない」との見解をまとめた。6月の政府の新成長戦略に盛り込む。従来は地方公務員法上の公務に相当するか明確でなかった。

 総務省中心の「地方自治体水道事業の海外展開検討チーム」が「経済成長にも直結する」として検討。渡辺周副総務相が17日、東京都の猪瀬直樹副知事にとりまとめ案を示した。都は第三セクター「東京水道サービス」を軸に民間と連携した海外でのビジネスモデルを検討中で、渡辺副総務相は「都の取り組みに刺激を受けた」と話した。【石川隆宣】

【関連ニュース】
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検討委
総務省:在外公館の業務体制見直し求める 岡田外相に勧告
衆院選:有権者数を訂正 総務省
NTT再編:結論を先送りの報告書 総務省の作業部会
総務省:「光の道」普及へ議論 作業部会

首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
県民性、宮城は球団LOVE 広島は人情、福岡と大阪は方言(産経新聞)
子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)
性犯罪2度服役、再び4件の男に懲役23年(読売新聞)
全裸状態で横浜の川に浮かんでいた女性遺体、殺人と断定/神奈川県警(カナロコ)
posted by こたろう at 14:26| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

76歳の車暴走、銭湯帰りの70代2人死亡(読売新聞)

 3日午後7時15分頃、奈良県天理市櫟本(いちのもと)町の市道で、近くの無職井沢章さん(76)運転の乗用車が、近くに住む岡村八重子さん(79)と大和谷(やまとだに)綾子さん(74)をはね、約10メートル先の民家に衝突して止まった。

 2人は全身を強く打ち、病院に運ばれたが、死亡した。

 天理署の発表では、井沢さんは自宅前で家族5人を降ろすために停車しようとしていたという。調べに対し、井沢さんは「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話している。大和谷さんと岡村さんは同町内の銭湯から一緒に歩いて帰宅途中だった。

アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく(産経新聞)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
「高速値上げNO!」淡路島の女将ら千人集会(読売新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
posted by こたろう at 02:32| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。